ご無沙汰しました

昨日、目黒にあるライブハウス『東京倶楽部』でのライヴを終えました。 一年ぶりのバンド演奏でのソロ・ライヴるんるん
何年もの間、銀座「シグナス」でのライヴに来て下さっていたお客様も忘れずに駆けつけて下さって、懐かしいお顔にお目にかかれ有難く、嬉しい夜。本当に有難うございましたexclamation ×2
さて、ライヴは無事に何事もなく終えましたと言いたいところなのですが、ライヴは生ものやはり色々ありました・・・ふらふら
まず、リハーサルを終えて、衣装に着替え中・・・ この日の為に買った衣装のボトム、そしてそれに合わせたブラウスを着て足を広げた途端・・・ ズボンが裂けちゃった〜〜〜衝撃
少しなら応急措置で縫ってと思ったのですが、見る見る内に縫い目が解けて、いくらオーバーブラウスでお尻が隠れるとはいえ、とてもこれではお客様の前には立てない泣き顔
表生地は少しストレッチが効いた素材だったのですが、裏地がまったくストレッチが効いておらず、これが駄目だったのです。 足を広げるようなこと(お相撲さんが四股を踏むような格好)しなければ良かったあせあせ(飛び散る汗)
仕方がないので履いてきたジーンズでステージに。 まぁ、ものは考えよう、ステージ中に裂けなくて良かったかなexclamation & question
昨夜は初めてのお店だったのですが、ちょっと休憩時間が長くてお客様をお待たせしてしまったのも、問題点でした。 私たち演奏者もジリジリ(せっかちの私は特にね冷や汗
おまけに酔っ払って入ってきた知らないお客さまが大きな声で話すのが煩わしくて、周りのお客様にご迷惑をかけるし、私自身も集中力が切れちゃうし・・・。 気持ちを整えるのでいっぱいいっぱい。 そんな中でも積んできた歌は自分を落ち着かせるのに役立ってくれました。積み上げるって大事ですね。 ライヴハウスでの決まったタイムテーブルでやることの限界ですかね・・・

ところで、歌の内容ですほっとした顔
昨夜は意識的に明るい曲を選びました!春ですからね〜ぴかぴか(新しい)
ノリの良い曲にはお客様も一緒になって盛り上がって下さって、お客様の楽しそうなお顔を見ながら歌うってやっぱり幸せですわーい(嬉しい顔)

新曲の「In bicicletta (自転車に乗って)」はコチャンテの曲。
結構、モゴールのイタリア語詞に即して訳詞できました。楽しい曲なので、お客様からの反応も良好。
もう一つの新曲は、「Oggi sono io(今日の僕)」これはカンツォーネの松本淳子さんの訳詞を貰いました。
アレックス・ブリッティのヒット曲です。ラップみたいな歌なので、イタリア語の部分よりもやはりこの手の曲は、日本語を曲に乗せるのが大変でした。一度、乗っちゃうと面白い曲です指でOK
これらの曲も歌い込んで、お客様からもリクエストされるようになりたいものです。
最後に、初めて私のライヴに参加のベース谷源昌さんも知らない曲(日本ではあまり他の人がやっていないイタリアン・ポップス)に、熱田公紀さんのアレンジ譜にも馴染んでくれて、おまけにリハーサルをしなかったアンコールの曲も初見で対応。お疲れ様でした・・・有難うございました〜。
<2014年3月13日>

≪プログラム≫
* アリヴェデルチ・ローマ (Arrivederci, Roma)
* Fuu (作曲・今野勝晴)
* 愛が生まれるとき (Quando nasce un amore)
* 漁師の想い出 (Il pescatore)
* そして、あなたを思う (E penso a te )
* トゥリステーザ (Tristezza )
* バッハのプレリュードが… (Sopra un preludio di Bach)
* 自転車に乗って (In bicicletta )
* 二人 (Due)
* カンツォーネ・メドレー
 (クワンド・クワンド・クワンド〜アル・ディ・ラ〜愛の花咲くとき〜チャオ・チャオ・バンビーノ)
* 桜陰 (作曲・熱田公紀)
* 選択の時 (作曲・今野勝晴)
* 10時半 (作曲・熱田公紀)
* 自由の歌 (Il mio canto libero)
* ヴィア・コン・メ (Via con me)
* ア・フェリシダージ (A felicidade)
* 今日の僕 (Oggi sono io)
* こみ上げる想い (Emozioni)
アンコール 君と旅立とう(Con te partiro)


untitled01untitled02

untitled12



atsuko_sugihara │Comments(0)Monologue2014 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔